ぼーっと生きる人間日記

20代男性、会社員のプライベート晒します。自称バックパッカーという響きが嫌いなバックパッカー。低予算海外旅行(budget travel)から趣味まで広く綴っていきます。

【ツアー体験記②】エジプト・ルクソール西岸遺跡ツアー詳細

 どうも、東南アジアに行くと現地語で話しかけられるソース顔男です。

 

 

www.hanapyons.com

 

今回は、前回紹介したツアーの詳細について書いていきます

 

【メノムンの巨像】

まず初めに行ったのは、ここメノムンの巨像。

f:id:Hanapyons:20200510002954j:image
f:id:Hanapyons:20200510002958j:image

ここは今にも崩れそうな巨像が立っている。少しレリーフが残っていた。
f:id:Hanapyons:20200510003002j:image

右の像が夜明けになると音が鳴るとか…(修復して今は聞こえないらしい)

 

【ハトシェプスト女王葬祭殿】

「最も高貴なる女性」という意味を持つ古代エジプトにおいて唯一の女王、ハトシェプスト女王の葬祭殿ということもあり、スケールがすごい。

f:id:Hanapyons:20200510003039j:image

入場していきなり、歩きではしんどそうな長い上り坂が現れる。そして、なぜか2EP(約14円)という破格の値段で乗れるミニトレイン。お金取るならもっと取ればいいのに…とか思いながら乗車。


f:id:Hanapyons:20200510003043j:image

数分すると、葬祭殿の長い階段前に到着した。

このあと、およそ25分の自由時間。いや、そもそも本殿に着くまでに5分かかるやんとか思いながら、速足で見ていく。

f:id:Hanapyons:20200510003156j:image
f:id:Hanapyons:20200510003151j:image

岩壁に佇むハトシェプスト女王葬祭殿。レリーフの状態もよかった。
f:id:Hanapyons:20200510003147j:image

ハトホル女神の礼拝堂には、ハトホル女神の顔の柱(ハトホル柱)があった。

f:id:Hanapyons:20200510003226j:image
f:id:Hanapyons:20200510003223j:image

20分という短い時間だったため、レリーフの写真を撮るので精一杯。

最初から一人で行けばよかった…

 

【王家の谷・ツタンカーメン王の墓(3か所)】

ハトシェプスト女王葬祭殿を離れた一行は、王家の谷にやってきた。

f:id:Hanapyons:20200510003257j:image

ここには65の墓が発見されており、ファラオの墓場になっていた。

ガイドさんにおすすめされたのは、ラメセス9世、メルエンプタハ、ラメセス3世だった。(マップでいうKV6・KV8・KV11)どれも状態がよく、勧められる理由が分かった。

f:id:Hanapyons:20200510003332j:image

≪ツタンカーメン王の墓≫

もちろん真っ先に行くのはツタンカーメン。

時間がないので、外に書いてあることは読んでいられないので写真をぱしゃり。

f:id:Hanapyons:20200510003528j:image
f:id:Hanapyons:20200510003533j:image

 チケットを見せて、いざ入場。「カメラは?」と問われる。

しかしここで発動、エジプトの謎ルール『スマホはOK』

 

いや、これもカメラやで…

 

記念になるので、もちろん撮影。

こりゃすごい。ほぼ完ぺきにレリーフが保存されていた。

f:id:Hanapyons:20200510003609j:image
f:id:Hanapyons:20200510003613j:image

壁には、夜の12時間を表す12匹のマントヒヒや口開けの儀式を行うアイ(後継者)

f:id:Hanapyons:20200510003650j:image

そして振り返ると、彼のミイラが横たわっている。(ツタンカーメン王様、下僕の私めが写真などを撮ってしまい申し訳御座いませんでした。)

f:id:Hanapyons:20200510003718j:image

今回エジプトにいって、人生で初めてミイラを見たけど結構怖い。

でも、この人たち2000年どころかそれ以上も前の人と考えると本当にすごいけど、もっと怖くなる笑

 

≪メルエンプタハ王の墓≫

次に行ったのはラメセス2世の後継者メルエンプタハ王の墓へ行く。

f:id:Hanapyons:20200510003859j:image

スカラベやアヌビスのレリーフなどきれいなものが見受けらえた。

f:id:Hanapyons:20200510004010j:image
f:id:Hanapyons:20200510004017j:image
f:id:Hanapyons:20200510004006j:image
f:id:Hanapyons:20200510004013j:image

途中には、アヌビス神、セト神など神様が並んでいる。

突き当りまで行くと、広間のように大きな空間に出る。ここにメルエンプタハは眠っていたのだろう。

f:id:Hanapyons:20200510004524j:image
f:id:Hanapyons:20200510004647j:image

とても大きな空間に加えて、巨大な石棺。

デカすぎる。時間もあるから巻きで次へ。

 

 

≪ラメセス9世の墓≫

 ラメセス9世は、ラメセス3世の孫にあたる。彼が、即位したことで衰退していた王権に一時的な安定がもたらされた。マイナーな人かもしれないが、ファラオに変わりない。


f:id:Hanapyons:20200510004745j:image
f:id:Hanapyons:20200510004749j:image
f:id:Hanapyons:20200510004741j:image

この墓はメルエンプタハの墓と比べても、とても状態はいい。(なぜか船に乗っているレリーフが好きなことに今気がつきました)

 

≪ラメセス3世の墓≫

 メディネト・ハブを建てたラメセス3世の墓。彼の死後、第20王朝は衰退していった。そこから古代エジプト文明は衰退していったため、彼が古代エジプトにおいて最後の権力者だとも言われている。

f:id:Hanapyons:20200510004947j:image
f:id:Hanapyons:20200510004958j:image
f:id:Hanapyons:20200510004954j:image
f:id:Hanapyons:20200510004951j:image

中に入ると、とても状態のいいレリーフがある。ラメセス9世の墓と似たような状態を保っていた。

f:id:Hanapyons:20200510005058j:image

そして、途中から先に進めないこの墓。今にも吸い込まれそうな暗闇で終わっている。この先に何があるのか、知りたかったなあ

 

【メディネト・ハブ(ラメセス3世葬祭殿)】

この遺跡は、ラメセス2世に憧れていたラメセス3世によって建てられた。

彼自身、ラメセス3世というがラメセス2世とは血縁関係はない。

レリーフには、謎の海の民との戦争の内容が描かれていた。彼は2度の戦争に勝利しており、もう一つの戦争はリビュア人との戦いだ。

f:id:Hanapyons:20200510005503j:image
f:id:Hanapyons:20200510005500j:image
f:id:Hanapyons:20200510005510j:image
f:id:Hanapyons:20200510005517j:image
f:id:Hanapyons:20200510005513j:image

建物自体は、あまり状態がよくなかった。でも、レリーフの状態はとてもよかった。

特に門の天井部分がきれいだった、色が残っている。直射日光を避けられているからだろうか。

f:id:Hanapyons:20200510005521j:image

 

【参加してみて思ったこと・レビュー】

参加してみて、本当に時間がない人にとってはおすすめだと思います。ただ、想像以上に見る時間が少なかった。

 

ぼーっとレリーフ、遺跡を見つめていたいという人は、別の手段をお勧めします。

それに、お得にはいれる方法もあるので、後日ご紹介しますね

 

ぴょんす