ぼーっと生きる人間日記

20代男性、会社員のプライベート晒します。自称バックパッカーという響きが嫌いなバックパッカー。低予算海外旅行(budget travel)から趣味まで広く綴っていきます。

【Selam Bus レビュー】アディスアベバからアルバミンチへの移動

どうも、社会人生活が始まってこれと言って目標がない上に、昇進どころか上昇志向もないので日々が苦痛ですが、それなりに生きているソース顔人間です。

 

今回は、『Selam Bus』でアルバミンチに移動したときのことについて。

朝3時に起きるはずだったのに…

 【朝4時、メスケルスクエアへ】

前日にホテルのスタッフにアルバミンチに行くことを伝えていた。アルバミンチというワードを出しただけで『何時にタクシーを呼べばいいか』と彼は慣れた手つきで日常業務をこなしていた。何時にタクシーを呼べばいいと彼は慣れた手つきで日常業務をこなしていた。

 

そして、時は午前3時45分、3時15分にかけたアラームを切っていたことに気づいた。

 

そう、彼の電話で起きたのだ。約束は午前3時45分だった。タクシーに乗ったのは午前4時。約束ではこの時間にタクシーではなく、バスに乗っているはずだった。しかし、エチオピア人よりも寝坊して時間に遅れる日本人はそういない。それに、ここでバスを逃していたら1200円というお金をドブに捨てていた。

 

しかし、メスケルスクエアに着いたのは午前4時15分ぐらい。まだ荷物を積んでいた。そこは、バスのターミナルになっていて、午前4時にもかかわらず、多くの人がいた。

 

荷物には札を貼られ、その控えを渡される。そして、バスに乗り込む。バスは観光用のバス。出発前には満席で観光客は、いない。快適とは言えない。でも、長距離移動には慣れた。8時間は普通な感じがするし4.5時間は短く感じるほどだった。

 

発車して、1時間もするとアディスアベバのような都会の雰囲気はなくなる。それに加えて、急加速急旋回急ブレーキのまるでスペースマウンテンのような鋭い動きをするバス。小学生以来の酔い止めを飲んで爆睡した。あれは、さすがに響く。

 

半分走った頃に、昼食の時間になる。しかし、ろくに英語がわからないので、食べたくもないサンドウィッチを食べた。美味しいが、物足りなさを感じる。

 

そして、爆睡をしていたらアルバミンチについていた。途中、エジプトとは異なり緑の多い景色が続いていた。日本の田舎のような風景。田んぼこそないが、人の手が加わっていない自然は素晴らしい。

f:id:Hanapyons:20200610182143j:image

【今日も今日とて宿探し】

アルバミンチに着くと、恐ろしいほど電波がつながらない。宿の情報はある程度得ていたものの、エチオピア でも地方に当たるアルバミンチはあまり宿がない。

 

・ツーリストホテル

・カイロホテル

 

この二代巨頭はネットにも情報が上がっていた。でも、ツーリストホテルは値段が高い。金のない観光客には厳しい。何も考えずに先に進んでいることもあって、ホテル代や食費などの固定費はお財布に響く。そこで、街の人に近くにあるホテルを聞き回ることにした。話を聞いていると、やはりこの二代巨頭は有名だった。

 

まず、カイロホテルに行ってみることにした。カイロホテルはツーリストホテルの向かいにある。フロントで昼寝していた男性に声をかけて部屋を見せてもらう。ドミトリーはなくシングルルームとツインルームだけだった。

 

しかし中に入って気がついたが、蚊がすごい。日陰の部屋だったこともあるし、それに加えて汚さもなかなかだった。

 

ここが日本人宿としてネットで書いてあることが驚きだったし、アイデンティティが日本人の自分にとって流石に泊まれなかった。(アイデンティティは関係ないと思うけど)

 

そして、他を探すことに…

f:id:Hanapyons:20200610182319j:image

ぴょんす